Twitterも発信中!詳しくはこちら

Amazfit Active&Edge徹底比較! 選ぶべきモデルはどっち?

広告 このコンテンツは広告を含んでいます。

この記事でわかること
  • Amazfit ActiveとAmazfit Active Edgeモデルの比較
  • Amazfit Activeがおすすめな人、Amazfit Active Edgeがおすすめな人
  • Amazfit Activeモデルを購入するメリット

「Amazfit Activeって、他のスマートウォッチと比べてどうなんだろう?」

「機能や価格が色々あって、比較検討するのが難しいなあ…」

スマートウォッチの購入を検討する際、種類が多くて迷ってしまいますよね。
せっかく買うなら、自分にぴったりの機能で、コスパの良いスマートウォッチを選びたいですよね。

でも、比較サイトを見ても情報が多すぎて、結局どれがいいのかわからなくなってしまうかも…。

そこで今回は、Amazfit ActiveとAmazfit Active Edgeを徹底比較し、両者の特徴やメリット、どんな人におすすめなのかをわかりやすく紹介します。

Amazfit Activeが気になっている方はもちろん、自分にぴったりのスマートウォッチを見つけたい方も、ぜひ参考にしてみて下さい!

さあ、自分にぴったりのスマートウォッチを見つけて、より快適で充実した毎日を送りましょう!

スポンサーリンク
目次(クリックでジャンプできます)

1. Amazfit Active 比較なしで大丈夫?|比較検討を怠るとどうなる

Amazfit Activeの購入を検討する際、比較をせずに決めてしまって良いのでしょうか?実は、比較検討を怠ると、自身のニーズに合わない製品を選んでしまう可能性があります。結果として、機能不足を感じたり、価格が高すぎたと感じたりと、後悔する結果になりかねません。

1-1. 選び方を間違えると後悔する?失敗しないための比較ポイント

Amazfit Activeには、様々なモデルが存在します。例えば、豊富な機能が魅力の「Amazfit Active」や、タフなデザインが特徴の「Amazfit Active Edge」などです。比較ポイントとしては、機能、デザイン、価格、バッテリー駆動時間などが挙げられます。これらのポイントを踏まえて比較することで、自身のニーズに合致した、満足度の高い製品選びができるでしょう。

1-2. あなたに最適なAmazfit Activeは見つかる!

自分にぴったりのAmazfit Activeを見つけるためには、比較検討が不可欠です。ぜひこの機会に、Amazfit Activeの各モデルを比較し、あなたのスマートウォッチライフをより豊かにする1台を見つけてください。

2. Amazfit Activeを比較して最適なモデルを選ぼう

引用:Amazfit公式
引用:Amazfit公式

Amazfit Activeを比較検討することで、自分にぴったりの1台を選ぶことができ、スマートウォッチのある生活がより快適なものになります。例えば、運動の記録を正確に測定できるモデルや、長時間バッテリーが持続するモデルなど、あなたのニーズに合致したAmazfit Activeを見つけることができるでしょう。

2-1. 機能、価格、デザイン…比較で理想のスマートウォッチ生活を実現

Amazfit Activeは、モデルによって搭載されている機能や価格、デザインが異なります。例えば、「Amazfit Active」は、スタイリッシュなデザインと豊富な機能が魅力ですが、バッテリー駆動時間は標準使用で最大14日間です。一方、「Amazfit Active Edge」は、タフなデザインと16日間のバッテリー駆動時間が特徴ですが、「Amazfit Active」よりも価格が高くなります。このように、比較することで自分に最適な1台を選ぶことができます。

2-2. 比較検討でAmazfit Activeをもっと有効活用!

Amazfit Activeの各モデルを比較し、それぞれの機能や特徴を理解することで、より有効に活用することができます。例えば、運動記録を詳細に分析したい場合は、「Amazfit Active」がおすすめですし、長時間バッテリー駆動を求める場合は、「Amazfit Active Edge」が適しています。

3. 【目的別】Amazfit Activeの選び方

Amazfit Activeを選ぶ際には、どのような目的で使うのかを明確にすることが重要です。ここでは、目的別に最適なAmazfit Activeをご紹介します。

3-1. ランニング・スポーツメインならコレ!

ランニングやスポーツをメインで使用する場合は、「Amazfit Active」がおすすめです。「Amazfit Active」は、豊富なスポーツモードとGPS機能を搭載しており、運動中の様々なデータを記録することができます。軽量でスタイリッシュなデザインも魅力です。

3-2. 日常使いしやすいのは?

日常使いしやすいモデルを求めるなら、「Amazfit Active」がおすすめです。コンパクトなサイズ感と豊富な通知機能により、普段使いに最適です。スタイリッシュなデザインで、様々なファッションに合わせやすい点も魅力と言えるでしょう。

3-3. バッテリー持ち重視ならコレ!

バッテリー持ちを重視するなら、「Amazfit Active Edge」がおすすめです。1回の充電で最大16日間使用できるロングバッテリーを搭載しており、頻繁に充電する手間が省けます。アウトドアアクティビティにも最適なモデルと言えるでしょう。

4. 【Amazfit Active 比較】機能で比べる

Amazfit Activeは、モデルによって搭載されている機能が異なります。ここでは、機能面を比較することで、それぞれの違いを明確にしていきましょう。

スペックや機能の有無を表形式にしてください。10項目以上作成してください。

機能Amazfit ActiveAmazfit Active Edge
カラーミッドナイトブラック/ペタルピンク/ラベンダーパープルラバブラック/ミッドナイトパルス/ミントグリーン
サイズ約42×36×10.7mm(心拍ベース除く)約46×46×12(心拍ベース除く)(心拍ベース含むと約13mm)
重量シリコン:約35.7g(バンド含む)/約24g(バンド除く)
ヴィーガンレザー:約35.5g/約27g
約54(バンドの重さを含む)/約34(バンド除く)
防水グレード5ATM10ATM
ディスプレイ素材HD AMOLEDTFT
ディスプレイサイズ1.75インチ1.32インチ
解像度390×450360×360
タッチスクリーン素材強化ガラス+指紋防止コーティング2.5D強化ガラス+指紋防止コーティング
バッテリー容量300 mAh(標準値)370 mAh(標準値)
充電方法マグネット式充電マグネット式充電
充電時間約2時間約2時間
スポーツモード100+130+
スマート認識(勝手に運動記録する機能)7つのスポーツ7つのスポーツ
ワークアウトステータスPeakBeats™(Vo2Max、完全回復時間、トレーニングの負荷・効果など)PeakBeats™(Vo2Max、完全回復時間、トレーニングの負荷・効果など)
健康分析レディネススコア
24時間モニタリング心拍数/血中酸素レベル/ストレスレベル
生理周期トラッキング
センサーバイオトラッカー™PPG
加速度センサー、地磁気センサー、温度センサー
バイオトラッカー™PPG
加速度センサー、ジャイロスコープ
接続Bluetooth 5.2 BLEBluetooth 5.2 BLE
測位システム円偏波GPSアンテナ
5衛星測位(GPS、GLONASS、Galileo、BDS、QZSS)
5衛星測位(GPS、GLONASS、Galileo、BDS、QZSS)
ミニアプリ対応※一部日本語非対応対応※一部日本語非対応
対応OSAndroid 7.0 以上、iOS 14.0 以上Android 7.0 以上、iOS 14.0 以上

4-1. GPS機能の違いを比較

「Amazfit Active」と「Amazfit Active Edge」は、どちらもGPS機能を搭載しています。しかし、「Amazfit Active」は5つの衛星測位システムに対応しているのに対し、「Amazfit Active Edge」はGPS、GLONASS、Galileo、BDS、QZSSの5つの衛星測位システムに対応しています。より正確な位置情報を得たい場合は、「Amazfit Active Edge」を選ぶと良いでしょう。

4-2. ヘルスケア機能を比較!

Amazfit Activeは、いずれのモデルも心拍数、睡眠、ストレスなどのヘルスケア機能を搭載しています。しかし、「Amazfit Active」は、新たに「レディネススコア」機能が追加されました。睡眠中のデータなどから、その日の心身の回復度を数値化してくれる機能です。より詳細な健康管理を行いたい場合は、「Amazfit Active」がおすすめです。

4-3. アプリの連携機能を比較

Amazfit Activeは、専用のスマートフォンアプリ「Zeppアプリ」と連携することで、様々な機能を利用することができます。連携できるアプリは、モデルによって異なります。「Amazfit Active」は、「Strava」「adidas Running」「komoot」「Relive」「Google Fit」「Apple Health」と連携することができます。一方、「Amazfit Active Edge」は連携できるアプリの情報は見つかりませんでした。

5. 【Amazfit Active 比較】スペックで比べる

ここでは、「Amazfit Active」と「Amazfit Active Edge」のスペックを比較し、それぞれの違いを詳しく見ていきましょう。

5-1. ディスプレイサイズと解像度を比較

「Amazfit Active」のディスプレイサイズは1.75インチで、解像度は390×450ピクセルです。「Amazfit Active Edge」のディスプレイサイズは1.32インチで、解像度は360×360ピクセルです。より大きく見やすいディスプレイを求めるなら、「Amazfit Active」がおすすめです。

5-2. バッテリー駆動時間を比較

「Amazfit Active」のバッテリー駆動時間は、標準的な使用で最大14日間です。「Amazfit Active Edge」のバッテリー駆動時間は、標準的な使用で最大16日間です。より長くバッテリーが持続するモデルを求めるなら、「Amazfit Active Edge」が良いでしょう。

5-3. 防水性能を比較

「Amazfit Active」の防水性能は5ATMです。これは、水深50mに相当する水圧に耐えられることを意味し、水泳などのアクティビティにも安心して使用できます。「Amazfit Active Edge」の防水性能は10ATMです。水深100mまでの水圧に耐えることができ、「Amazfit Active」よりも高い防水性能を誇ります。

6. Amazfit Active各モデルのメリット・デメリット

ここでは、「Amazfit Active」と「Amazfit Active Edge」のメリット・デメリットを比較し、それぞれの特徴をより深く理解していきましょう。

6-1. 各モデルのメリットを比較

モデル名メリット
Amazfit Active・美しいAMOLEDディスプレイを搭載 ・軽量でスタイリッシュなデザイン ・豊富なカラーバリエーション
Amazfit Active Edge・タフなデザインと高い防水性能 ・長時間駆動のバッテリー ・Zepp Coachによるパーソナルトレーニング機能

6-2. 各モデルのデメリットを比較

モデル名デメリット
Amazfit Active・バッテリー駆動時間が「Amazfit Active Edge」よりも短い
Amazfit Active Edge・価格が「Amazfit Active」よりも高い

7. Amazfit Activeを比較|口コミ・評判をチェック!

Amazfit Activeを購入する前に、実際のユーザーの口コミや評判をチェックしておきましょう。ここでは、Amazfit Activeの良い口コミと悪い口コミをそれぞれご紹介します。

7-1. Amazfit Activeの良い口コミ・評判

  • 「価格のわりに機能が充実していて満足です!」
  • 「バッテリーの持ちが良く、頻繁に充電する必要がないのが嬉しいです」
  • 「デザインがスタイリッシュで、普段使いにもぴったりです」

7-2. Amazfit Activeの悪い口コミ・評判

提供された情報源では、「Amazfit Active」に関する悪い口コミは見つかりませんでした。

Amazonや楽天市場での口コミは以下よりご覧ください。

8. まとめ

この記事では、「Amazfit Active」と「Amazfit Active Edge」の比較を中心に、それぞれのモデルの特徴や違いについて詳しく解説しました。

今回の記事を参考にして、自分にぴったりのAmazfit Activeを見つけてみてくださいね!

9. よくある質問

9-1. Amazfit Activeはどこで購入できますか?

Amazfit Activeは、Amazfitの公式サイト、家電量販店、Amazonや楽天市場などのオンラインストアで購入できます。

9-2. Amazfit Activeの保証期間は?

Amazfit Activeの保証期間は、購入から1年間です。ただし、キャンペーンなどで無料プレゼントされたアイテムや、交換用バンド、アクセサリーなどは保証対象外となる場合があります。

9-3. Amazfit Activeは日本語に対応していますか?

はい、Amazfit Activeは日本語に対応しています。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次(クリックでジャンプできます)