Twitterも発信中!詳しくはこちら

蚊対策におすすめの方法【寝るとき用】

​睡眠は心身のパフォーマンスを上げる最も生産性が高い行動です。

ビジネスで成功をおさめた人は、みんな寝ています。

明日の準備を入念におこない、心地よい眠りについているとき、奴が突如として現れます。

​それは、耳に不快な鳴き声を響かせる”蚊”またの名を”Mosquito”

いつ現れるか分からない蚊と闘いながら一晩過ごすのは避けたいですよね。

そんな皆さんの悩みを共有しつつ、より快適な寝る時間を過ごすための効果的な蚊対策を紹介します。

梅雨から夏にかけての季節も、蚊が最も活発です。

​これからの時期にぜひとも参考にしていただきたい、蚊が寝室に近寄らないような環境づくりや寝る前のリラックスタイムを邪魔しないための対策をご紹介します。

スポンサーリンク
目次(クリックでジャンプできます)

寝るときにしておきたい蚊対策

快適な睡眠を得るためには、蚊の対策が必要不可欠です。

夏の夜に蚊に刺されると、ぐっすり眠れなくなりますよね。ここでは、寝るときにしておきたい蚊対策についてお話しましょう。

蚊対策のメリット

睡眠の質が向上します

耳の周りをブンブン飛び回る蚊が少なくなれば、安らかで途切れることのない睡眠を楽しむことが耳できます。さらに、蚊が媒介する病気から自分や家族を守ることで、ストレスレベルを下げることができます。

家族の健康も守れます

あなたのご家庭にもやっかいな蚊がいる可能性があります。

しかし、正しい蚊対策をすることで、家族の健康を守ることができます。

国立感染症研究所では、

「正しくおそれるために、敵を知ることから始めよう」

と発信しています。

例えば、日本で最もポピュラーな蚊の一つであるヒトスジシマカはデング熱を媒介するため、特に注意が必要です。

夜間の活動を避けるためには、虫除けスプレーや蚊取り線香、蚊帳などの対策も有効であり、正しい蚊対策をすることが、家族一人一人の健康を守ることにつながります。

屋外からの蚊の侵入を防ぐ方法

夜は蚊が活発に活動する時間帯であり蚊の侵入を防ぐ方法は非常に重要となります。

​まず、家の扉や窓から蚊が侵入できないようにするため、網戸を正しく取り付けましょう。

​網戸のフレームがガラス窓のフレームとぴったり重なるように全開にし、隙間を作らないことがポイントです。

​また、窓や網戸のレールが汚れていると、滑りが悪くなり完全に閉められなくなるため、こまめに掃除をすることも大切です。

​玄関ドアも蚊の侵入経路となりますので、出入りの際には速やかに閉めるようにしましょう。

これらの対策を行うことで、蚊の侵入を防ぎ快適に過ごすことができます。

網戸のチェックは大事

網戸が正しく閉まっているかどうかを確認する方法をご紹介します。

​まず、窓ガラスを全開にし、網戸を閉じる際には、フレームが隙間なく合わせるように注意しましょう。

​次に、窓や網戸のレールにごみがたまっていないか確認し、定期的に掃除を行ってください。 

​窓が半開の場合でも、網戸とガラス窓がきちんと重なっているかチェックが必要です。

これらのポイントを押さえ、正しい使い方を心がけることで、蚊の侵入を防ぐことができます。

窓の開け方に注意

窓の開け方にも蚊対策があります。

​通常、窓を全開にすると、窓と網戸のサッシがしっかりと重なって、蚊の侵入を防ぐことができます。

​し​かし、半開きにしてしまうと、窓と網戸のサッシが重ならず、隙間が生じてしまい、蚊が侵入しやすくなります。

​そのため、夏の蚊対策として、窓を開ける際は、窓と網戸の隙間がないように注意しましょう。

​また、窓や網戸のレールが汚れていると滑りが悪く、閉め切れないことがありますので、こまめにお掃除することも大切です。

寝るときにも、蚊に悩まされない快適な夜を過ごすために、窓の開け方に十分注意しましょう。

玄関ドアの蚊対策

玄関ドアの蚊対策は、夏の快適な生活に欠かせません。

玄関ドアが開くたびに、蚊が家の中に侵入することを避けるために、まずは玄関ドアを開閉する際に速やかに行うことが大切です。

​ドアのすき間や隙間から蚊が入り込まないように、ドア周辺の掃除やメンテナンスも忘れずに行いましょう。

​また、玄関ドアに蚊よけスプレーや柔軟剤を噴霧することで、蚊を寄せ付けない環境を作り出すことができます。

​これらの対策を実行することで、玄関ドアからの蚊の侵入を防ぎ、家の中で快適に過ごすことができるでしょう。

蚊取り線香や虫除けスプレーの活用

寝る前に適切な蚊対策を行うことが大切です。

​その際、蚊取り線香や虫除けスプレーの活用が効果的な方法の一つです。蚊取り線香は、独特の香りが蚊を寄せ付けないため、部屋の隅々にまで有効に働くとされています。

​また、虫除けスプレーは、肌に直接使用することができ、蚊を遠ざける効果があります。

​これらの対策を日常的に行うことで、蚊に刺されるリスクを減らし、心地よい眠りを得ることができます。

さらに、定期的な掃除や換気も蚊の侵入を防ぐ効果がありますので、併せて行うことでさらなる対策強化が期待できます。

寝るまえの蚊対策は『蚊がいなくなるスプレー』がおすすめ

『蚊がいなくなるスプレー』は、
部屋の中でワンプッシュするだけで12時間もの間、蚊の駆除対策に効果があるスグレモノです!

下の記事では、蚊がいなくなるスプレーのおすすめアイテムを紹介しています。

『蚊がいなくなるスプレー』は蚊の習性を応用している独自設計で、1日1回プッシュするだけでお部屋全体に効果が届くのだそうです!

使い方ですが、キンチョーのスプレーは、4.5〜8畳あたりに1回噴射するだけで、約12時間も蚊を寄せ付けなくしてくれます。

最初使用する場合は、2プッシュしてから使用することをお勧めします。

また、部屋を閉めきって使うことで更に効果的になります。

さらに、このスプレーは無香料で、高い安全性と優れた殺虫効果を持っています。

※万が一、誤って吸入した場合は、使用を中止し、医師に相談することを忘れないでください。

手軽に蚊に悩まされる夜が終わらせたい方におすすめです。

ぜひお試しください!

下の記事では、ほかの蚊対策アイテムを紹介しています。

室内の清潔を保つ

室内の清潔を保つことは、蚊の発生を防ぐうえでも大変重要です。

蚊は、汚れた環境や湿気の多い場所を好むため、部屋の清掃や換気をこまめに行いましょう。

​特に、水回りの掃除やゴミの処理は定期的に行うことが望ましいです。

​また、家具やカーテンの周りなど、目に付かない箇所にも蚊が潜んでいることがありますので、時折チェックして清潔に保つことが大切です。

室内の清潔を保つことで、蚊の発生を抑えるだけでなく、快適な生活空間を作ることができます。

寝室の室温を下げる

寝室の室温を下げることは、蚊の対策にも効果的です。

​蚊は暖かい環境を好み、特に28℃〜30℃が活動的になる温度とされています。

​そのため、寝室の温度を涼しく保つことで、蚊が寄り付かなくなるでしょう。

​寝室の室温を下げる方法としては、エアコンの利用や窓を開けて風通しを良くすることが挙げられます。

​また、扇風機や湿度を下げるグッズも効果的です。

寝る前に手足を洗ったり、寝るときには肌の露出を避けることも、蚊に刺されにくくなるポイントです。 

まとめ

本記事では、寝るときにしておきたい蚊対策について説明しました。

蚊に刺されるのはもう嫌ですね。

ぜひ、この方法を参考にして、快適な睡眠を手に入れましょう。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次(クリックでジャンプできます)